光華リベラルアーツ

  1. Home
  2. 高等学校
  3. 光華の教育
  4. 光華リベラルアーツ

確かな自分をつくる光華リベラルアーツ

光華リベラルアーツは、学校生活のすべての学びで横断的に取り入れる本校独自の基盤教育プログラムです。
その根底にあるのは建学の精神「真実心」=慈悲の心です。
他者を思いやり、ともに支え合う心を育てます。

基盤

仏教教育

京都光華の全人教育「光華リベラルアーツ」の基盤となっている仏教教育。仏教の深い人間観や生命観を学び、教養教育の礎とします。建学の精神「真実心」に込められた願い「光華の心」を日々の行動規範として、探究型・体験型・対話型の活動を取り⼊れ、報恩感謝(⽣かされている喜び)を実感できるよう導きます。

宗教行事

入学早々の本山一泊研修(東本願寺)をはじめとする、さまざまな体験型宗教行事を行います。小・中・高・大が連携した系統的な仏教教育により、生徒一人ひとりに「生かされている命」を大切にする「心」が根づいていきます。

黙想

朝礼や各授業前、学年集会や行事の際には必ずはじめに黙想を行います。静かに目を閉じ、心を落ち着けて自分を見つめる時間をつくることで、時間の区切りを意識し、集中して学びに取り組めるようになります。生徒たちが自らを律する習慣をつけることができます。

特色

礼儀マナー教育

礼儀マナーは、人間関係や社会生活を円滑にし、信頼関係を築くうえで必要不可欠なものです。京都光華では、「他者への思いやり」を根本に据え、理解と実践の二方向からの教育を実施しています。

人とのかかわり方を学ぶ

学校生活のさまざまな場面での「挨拶」「身だしなみ」「言葉遣い」「時間厳守」「行儀作法」で“自分”を表現し、他者とのより良い関係を築くことができるようになります。

式典マナーの所作指導

美しい所作は、他者に対する礼儀マナーの基本です。入学式や卒業式、宗教行事などの式典に際し、伝統文化の礼法指導講師をはじめとした本校の教員たちが、歩き方や姿勢、足さばきまで細部にわたって美しい振る舞いを指導します。

特色

伝統文化教育

歴史のなかで培われてきた日本の伝統文化に触れ、感性を磨きます。各界の著名な先生方にご指導・監修いただき、最高の美と技を体験します。

  • 中学校高等学校

    茶道※許状の申請・取得ができます。

    おいしいお茶を差し上げようという心遣いが茶道の心であり、その心を形であらわしたものが点前作法(てまえさほう)です。作法を学ぶことで、おもてなしの心を身につけます。

  • 中学校高等学校

    華道※許状の申請・取得ができます。

    池坊のいけばなは、草木に対する自然観賞と伝統的な美意識を背景としています。四季折々の花に触れ、花から受ける感動を表現することを学びます。

  • 中学校高等学校

    邦楽

    生田流箏曲の基礎技術を学ぶことからはじめ、曲の演奏、合奏の楽しさを経験しながら高度な演奏能力を身につけ、難曲も弾きこなすことを目標にします。

  • 中学校高等学校

    書道

    四季折々の美しい言葉を書道作品にして生活を豊かにいろどりましょう。各種展覧会の受賞も目指します。

  • 中学校高等学校

    和歌

    春夏秋冬と移ろいゆく季節の中で、日本の美を見いだしていきます。美しい日本の季節を美しい日本語で表現し、そして五七五七七の和歌に表します。

  • 中学校高等学校

    礼法

    相互理解を円滑に行うための基礎となる作法を学びます。作法は、心の通う形として実用的であり、合理的であり、美として映ることが必要です。

  • 高等学校

    着付け

    和服を装うことを通して、正しい姿勢・立ち居振る舞いを身につけます。また、新しい自分を発見する事にも繋がります。

  • 高等学校

    日舞※許状の申請・取得ができます。

    若柳流の舞踊は、礼儀作法を重んじ上品かつ繊細で日本の美をうまく振りに投影しています。日本舞踊を通して表現力を磨きます。

特色

異文化理解教育

語学・宗教・地歴・政治経済の幅広い知識をもとに、異性・異世代・国内外の他地域など異なる価値観や文化背景を持つ人々を受け入れる寛容な精神を育みます。国内外の人々が集まる国際都市京都に立地する利点を活かし、多様な視座を確立します。

国内・海外で多様な文化に触れる

カナダやアメリカ、台湾など多くの国や地域の大学生や高校生を積極的に受け入れ、国際交流の機会を設けています。国内外への研修旅行では、コミュニケーション力を伸ばし、自主性や思考力を育てる研修プログラムを実施。ニュージーランド・カナダ留学(3カ月・6カ月・1年)、オーストラリア・セブ島短期語学研修(2週間)ではホームステイを通じて現地の生活をリアルに体験します。

SWIPEしてご覧ください
主な留学・研修等
行き先 期間 対象
語学研修 オーストラリア 2週間(夏休み) 希望者
フィリピン・セブ島 2週間(夏休み) 希望者
留学 ニュージーランド 3カ月/6カ月/1年 希望者
カナダ 3カ月/6カ月/1年 希望者

※内容が変更になる場合があります。

「クラス」の枠を出て他学年と交流 さまざまなグループで人間力を強化

京都光華では、「クラス」の枠にとらわれず、異学年との縦割りグループで地域ボランティアなどに取り組みます。普段と異なる集団で活動することにより、社会性を育てます。

主な取り組み(例)
  • 門掃き
  • 地域ボランティア活動
  • チームワーク大会

自分たちの力で計画・実行する「プロジェクト」

国際的な交流プロジェクトのほか、地域の企業や⾃治体などと連携した交流プロジェクトに取り組んでいます。生徒が自分たちで企画・⽴案し、スケジュールを組み、訪問先に交渉します。最後に成果を発表することによって実践的な学びを達成します。

主な取り組み(例)
  • 地域企業や自治体と連携した交流プロジェクト

SDGs探究旅行

探究学習の一環として位置付けるSDGs探究旅行は高校2年生12月に実施します。国内・国外から自分で行き先を選択します。その国・地域のもつ特色を事前学習で学び、SDGsにちなんだテーマを設定し、現地でフィールドワークを行います。3学期には情報を整理し、チームを組んでSDGs探究旅行成果発表会を行います。一連の流れを通して、探究の手法と思考を身につけます。

特色

言語教育

グローバル社会、高度情報化社会では高度な問題解決能力が求められます。その一つが、「目の前の直接的な相手や第三者に的確に伝達できる力」。自らの考えを筋道立てて表現し、実践する機会を多く設けています。

光華論理プログラム

他者を理解し、自分の思いや考えをわかりやすく伝えるために必要な思考力・判断力・表現力をバランスよく高め、多角的なものの見方と考え方を身につけます。

国語教育

自分の考えを自分の言葉で
表現する力を伸ばす

まずは根幹となる国語教育を深め、表現力に磨きをかけます。次に、人前でも物怖じせず、自分の意見や考えを述べることを目指します。そのために授業だけでなく、探究活動、学校行事にもディスカッションやプレゼンテーションを盛り込み、自分の言葉で発信できるよう、言語活動を促進しています。

主な取り組み(例)
  • 各種全国コンクールへの応募
  • 校内冊⼦(かどの大路、グローバル、探究、研究紀要)の作成
  • 図書館を活用した読書教育・教科教育

英語教育

コミュニケーションのための
実践的な語学力を高める
外部試験と対策講座

英検、TOEFL・IELTSなど、外部試験へのチャレンジを勧奨し、英語学習のモチベーションを高めています。また、それらの英語能力テストに対応したオンライン講座やCD・DVD付き教材の視聴コーナーにより、個別学習をサポートします。

主な取り組み(例)
  • 学内スピーチ大会
  • 模擬国連への参加
  • 外部試験へのチャレンジとサポート