中高6カ年一貫教育

  1. Home
  2. 中学校
  3. 中高6カ年一貫教育

中高一貫による効果的な学び

中学校

1
自律の土台を作ろう

主体的に学びに向かう姿勢を養うとともに、さまざまな集団での学習で自律・協働する力を育みます。

2
協働する姿勢を育もう

個別最適化の教育が「学びの自己選択」を可能にします。
生徒の自学探究を支える多彩な学びを展開し、自分で考え、選ぶ力を養います。

3
国際社会との関わりを
理解しよう

身につけた力を活かして将来の生き方を考えます。
自分で選んだ未来を実現するために、主体的に学び続ける姿勢を確立します。

高等学校

すべてのコース・学科が選択可能

学びのポイント

POINT01

一人ひとりが輝ける集団作り

教員が「チーム」で取り組む学年担任制

「1クラス=1担任」ではなく、学年の全教員がチームとなって、誰一人取り残さない指導を行います。多くの目で生徒を見守り、丁寧にサポートします。

チームワーク大会

縦割りのチーム編成による異学年集団で取り組む行事です。普段とは異なる集団の中で自律、協働の精神を養います。また、コミュニケーション能力の向上、メンターとしての精神を持った生徒を育成をします。

POINT02

主体的に学ぶ力を育成

5教科スタイル別授業

5教科でスタイル別授業を展開し、生徒一人ひとりの学力に合わせた細やかな指導を行います。生徒一人ひとりの学力に合わせた細やかな指導を行います。

〈Gスタイル授業〉
基礎的な知識を確認した上で、自分で解き方を考えたり意見交換をしたりします。ICTを積極的に活用し、予復習も自主的にするスタイルをとります。

〈Jスタイル授業〉
基礎的な知識や理解を重点的に、じっくり時間をかけて身につけます。丁寧にわかるまで説明を聞くこともできます。徐々に自分でできるようになるスタイルをとります。

放課後ゼミ「Sタイム」

学年、スタイルが混じり合う個別学力向上の時間です。教師がチューターとなり、各教科の振り返りや検定対策などの個別学習を実施します。

高校「ビュッフェ講座」について

個別最適化学習

アプリなどを活用し、個人の興味や学力を伸ばす環境を整えます。
● 学習ポータル「TERRACE」
● オンライン英会話「UPトークtime」

ICT教育

時間割例

※8・9限:チューター自習(希望者)

※実施日等が変更になる場合があります。