あっとこうか

きょうの光華(3/24)京都光華中学校|3/21終業式式辞2020年3月24日 中学校

〇京都光華中学校

終業式式辞

早春の息吹が感じられる今日、令和元年度の3学期の終業、そして本年度の修了の日を迎えました。3年生の卒業式に皆さんが臨席することはかないませんでしたが、3年生にとって記憶に残る、そして、心に残る卒業式であったことを報告しておきます。
さて、皆さんの心の中には、この一年を振り返るとどんなことが一番記憶に残っているでしょうか? 高校生や中学3年生の先輩に負けないようにと勉強に、クラブに、また、様々な学校行事に取り組んだ一年であったと思います。
しかしながら新型コロナウイルス感染症対策のために急遽、休校となった今回の状況を踏まえても、私たち大人が経験したことのない、予想しにくいこれからの時代を皆さんは生きていかなくてはなりません。そんな中でも変わらず大事にしていかなくてはならないことがあります。それは、「こうかの心」です。このような時代だからこそ、「向上心」「潤いの心」「感謝の心」を大切にし、日々を過ごすことが大事になります。
苦しい時、悲しい時、うれしい時。いろいろな時があると思いますが、相手を思いやり、尊重し、時に自分を振り返ることをしていきたいと思います。
4月には新入生も入学してきます。新入生が安心して学校生活が送ることができるように、何より自分のためにも春休みは、しっかりと新学期に向けて準備を進めていきましょう。新たな素晴らしい一年が始まることを期待しております。

令和2年3月21日
京都光華中学校 校長 谷口 史子

資料請求