言葉の力を育成する教育

言葉の力を育成する教育

心も体も大きく変化を遂げる思春期をどのような教育環境で過ごすかが将来に大きな意味をもちます。グローバル社会で国境を越えて多くの人と理解し合うためには、コミュニケーション能力が欠かせません。京都光華では、他者を理解するとともに、自分の思いや考えを他者にわかるよう表現する力を養います。

実践を通して鍛える会話力

実践を通して鍛える会話力

オープンキャンパスや伝統文化学習発表会などで、案内役やプレゼンなどを行います。相手の立場に立って考え、自分の意見を分かりやすく表現する力を実践を通して身につけます。

すべての学びの基礎となる読解力

すべての学びの基礎となる読解力

PISA型「読解力」の考え方をのもと、朝読書や各教科で「おすすめ図書」を推薦するなど、読書活動を推進しています。また、新聞記事を探しまとめ、発表する取組で言葉の力を鍛えます。

ポスター発表で培う主体性

ポスター発表で培う主体性

中学

職場体験や修学旅行で体験し感じたこと、学んだことなどをポスター形式で発表します。質疑応答など双方向のやり取りを通して、相手の思いを感じ、考え、伝えることを学びます。
ポスター発表でプレゼン力をつける

高校

授業や研修旅行、文化祭でポスター発表の機会を設け、自分の考えや意見を発信。外部の大会などにも参加します。聞き手との双方向のやり取りを通して、積極性や主体性、高い発表力を身につけます。
資料請求