和輪羽プロジェクト

『All Kyotoでグローバル人材育成を!』を合言葉に行政機関・企業・NPO団体・大学と協力しながら、地域をあげて国際社会において真に必要とされる人材を育成します。少人数のプロジェクトチームに分かれ、グローバル企業や大学と連携して国際観光都市である京都が抱える諸問題の解決策を考えます。また解決策の提案だけでは終わらず、それらの考えを実行に移していきます。各教科の「知識・技能」を横断的に活用することで「知識・技能を活用する力」つまり総合的な「思考力・判断力・表現力」を伸ばし、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に対応する学力を身につけます。

新着情報

2018年5月14日
<高2>Global Studies 嵐山フィールドワーク
2018年4月27日
<高1>Global Studies オリエンテーションを実施
2017年11月8日 高等学校
【Global Studies】ビジネスプランコンテストで学科奨励賞を受賞
2017年10月16日 高等学校
【Global Studies】和輪羽プロジェクト:KUBIC 2017本選会の結果
2017年9月13日 高等学校
【Global Studies】和輪羽プロジェクト:ARに関するワークショップ

一覧を表示する

身近な「なぜ?」を探究しよう!

京都に伝わる「衣」に関わるテーマを探究していきます。京都に住む人々の「衣」がどのようなものであったか、また伝統的な繊維や染め物の技術等についても学んでいきます。
京料理や京野菜など、京都の「食」に関わるテーマを探究していきます。京料理・京野菜の栄養価を調べたり、それらが他国の料理とどのように異なるかを調べたりします。留学生や外国人講師と様々な国の料理等、食文化体験も実施します。
京都の住まいや暮らしの中にある「なぜ?」をテーマに探究をしていきます。町屋の特徴を分析し、その構造が人々の生活とどのように関係していたか等を探究しています。京都の伝統行事についてのフィールドワークも実施します。

「社会の役に立つことをする」 高大・企業・地域連携

学校のを超え、社会に目を向ける!
高校生は社会に貢献できる!

Think New X Keep Traditions

和輪羽プロジェクトでは、学びを「実際に社会の役に立てる」というコンセプトをもって探究学習を進めています。「今の自分に何ができるか?」について考え、高校生の視点やアイデアを企業・大学・地域団体に提案していきます。そのやり取りの中で、様々なフィードバックを受け取ることで、自分の考えを深化させ、社会のニーズに応えるためにはどうすればよいかを考えていきます。「ALL KYOTOでグローバル人財の育成を!」をキーワードに、グローバル社会の第一線で活躍されている企業人や有識者の方から、世界中の人々と協働していくためのノウハウを学んでいます。

資料請求