探究型学習

スーパープリムラコース、プリムラ関大コース、グローバルSAKURAコースでは、知識・技能を深め発信していく生徒の育成を目指した探究型学習「Global Studies」を取り入れています。
自ら見つけた課題の解決策を模索していく中で、幅広い知識を活用しながらより深く学んでいきます。
この学びを通して柔軟な思考力と判断力、表現力を養い、社会・世界で生き抜く力を育みます。

探究型学習科目
Global Studies

この科目には、社会学的アプローチで課題を解決していく力を備えた人材を育成する「和輪羽プロジェクト」と、実験や考察を繰り返しながら科学的に課題を解決できる女性サイエンスリーダーを育成する「光華サイエンスプログラム(KSP)」があります。

和輪羽プロジェクト

自ら課題を見つけ出し解決法を探っていく中で、読解力、共同力、発信力を備えた人材を育成します。幅広い視野を身につけるとともに、各教科の「知識・技能」を横断的に活用することで「知識・技能を活用する力」つまり総合的な「思考力・判断力・表現力」を伸ばし、変わりゆく社会で真に必要とされる人材を育てます。

光華サイエンスプログラム(KSP)

光華サイエンスプログラムは、自らが抱いた疑問を解決する方法を実験を通じて探るための探究プログラムです。このプログラムでは、生物・化学分野を中心に、それぞれが抱いた疑問をもとに研究テーマを設定します。「仮説」を立て、その予想のもと「実験」を行い、実験の結果を「考察」し、はじめに立てた仮設を「検証」する。この4つのステップを繰り返すことで、着実に課題解決へと近づくことをねらいとしています。京都大学をはじめとした研究機関の協力を得て、大学の施設でしかできない大掛かりな実験を行ったり、また、大学の講座を受講することもあります。京都大学医学部やNPO法人あいんしゅたいんによる「放射線疫学講座」はその1つです。このような取組の中で学びを発見した成果は、ポスターやプレゼンテーションの形にまとめ、学校内外問わず発表していきます。

資料請求