伝統文化教育

伝統文化

日本文化を知ること。
それがグローバル社会への第一歩。

国際的な視野をもち、感性を磨くには、まず日本の文化を知ることが大切です。
そこで本校では、各界を代表し、活躍されている先生方のご指導や監修をいただき、日本の伝統文化の教育を正課で開講しています。
長い歴史の中で培われてきたそれぞれの伝統文化に触れながら、心が潤うゆとりの時間を共有し、個性豊かで国際的な視野をもった女性を育てることを目指します。

茶道許状の申請・取得ができます。

おいしいお茶を差し上げようという心遣いが茶道の心であり、その心を形であらわしたものが点前作法(てまえさほう)です。作法の学習を通して、おもてなしの心を身につけます。

茶道
千 宗室 家元

指導・監修

千 宗室家元

臨済宗大徳寺管長・僧堂師家 中村祖順老師のもとで参禅得度。祖順老師没後、妙心寺盛永宗興老師のもとで参禅。平成14年12月裏千家16代家元継承。本学園教育顧問。

華道許状の申請・取得ができます。

池坊のいけばなは、草木に対する自然観賞と伝統的な美意識を背景としています。四季折々の花にふれ、花から受ける感動を表現することを学びます。

華道
kado_t

指導・監修

池坊 専好次期家元

国内外でのいけばなの普及はもとより、日本画や彫刻など他の芸術分野とのコラボレーションなど、いのちを生かすという池坊いけばなの精神に基づいた多彩な活動を行なっている。日本いけばな芸術協会副会長。本学園教育顧問。

邦楽

生田流箏曲の基礎技術を学ぶことから始め、曲の演奏、合奏の楽しさを経験しながら高度な演奏能力を身につけ難曲も弾きこなすことを目標にします。

茶道
hogaku_t

指導・監修

野田 弥生先生

京都市芸術新人賞受賞。京都三曲協会副会長。海外での演奏も多く、文化使節としての功績を残す。

書道

平安の仮名を中心に学びます。四季の行事を書の作品でいろどりましょう。展覧会入賞、段位習得も目指します。

書道
shodo_t

指導・監修

石井 みや美先生

池田桂鳳氏に師事。「みや美のはんなり華やか書で遊ぶ教室」主宰。月刊「清暢」手本執筆。

和歌

春夏秋冬と移ろいゆく季節の中で、日本の美を見いだしていきます。美しい日本の季節を美しい日本語で表現し、そして五七五七七の和歌に表します。

茶道
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

指導・監修

冷泉 貴実子先生

冷泉家24代 冷泉為任氏の長女として京都市に生まれる。京都光華高等学校教諭を経て、現在、冷泉家時雨亭文庫常務理事。冷泉家25代為人氏夫人。冷泉流歌道を指導。

礼法

相互理解を円滑に行うための基礎となる作法を学びます。作法は、心の通う形として実用的であり合理的であり美として映ることが必要です。

茶道
reiho_t

指導・監修

小笠原 清忠宗家

弓馬術礼法小笠原教場三十一世。東京都学生弓道連盟会長。日本古武道協会常任理事。儀礼文化学会常務理事。皇學館大学特別招聘教授。池坊学園客員教授。

着付け高校のみ

和服を装うことを通して、正しい姿勢、立ち居振る舞いを身につけます。また新しい自分を発見する事にも繋がります。

着付
SONY DSC

指導・監修

田中 峰子学院長

古都の風“和道会”学院長、くらしの美術館 冨田屋 代表、西陣織物産地問屋協同組合 理事。各地での講演活動も行っている。

日舞高校のみ、免状の申請・取得ができます。

若柳流の舞踊は、礼儀作法を重んじ上品かつ繊細で日本の美をうまく振りに投影して踊る踊りです。日本文化を日本舞踊を通して学びます。

茶道
nichibu_t

指導・監修

若柳 壽延家元

五大流派の一つである若柳流の長男として12歳で四世家元を継承。全国各地の名取・師範約四千名の指導や発表会の開催を統率し、日本舞踊の普及に努める。平成十三年、公益社団法人日本舞踊協会理事に就任。

資料請求