言葉の力を育成する教育

言葉の力を育成する教育

考える、伝える、
そして他者を理解する力。

心も体も大きく変化を遂げる思春期をどのような教育環境で過ごすかが、将来に大きな意味をもつことになります。
とりわけグローバル社会で国境を越えて多くの人と理解し合うためには、コミュニケーション能力が欠かせません。
京都光華では、他者を理解する力とともに、自分の思いや考えを他者にわかるように表現する力を育みます。

ランゲージアーツ教育

幼児・小学生との交流で自己有用感を醸成

各教科や学校生活のあらゆる場面にランゲージアーツの学びを取り入れます。「読む」「書く」「聞く」「話す」という4技能をバランス良く伸ばすため、論理的思考を繰り返し、自分の考えを言語化し、また相手の立場に立ってものごとを見ることができるように批判的・分析的に考える訓練を重ね、自分の意見や考えを相手にわかりやすく伝えたり、表現できる力を身につけます。

読書、新聞で育てる読解力

読書、新聞で育てる読解力

「読む力」は、すべての学びの基礎となります。京都光華ではPISA型「読解力」の考え方を活かし、読解力を育成します。朝読書や読書月間、各教科で「おすすめ図書」を推薦するなど、全校をあげて読書を推進しています。また全教科でNIE※にも取り組んでいます。各新聞社から届く新聞を読み比べ、テーマごとにスクラップノートを作成し、言葉の力を鍛えます。
※Newspaper In Education:教育に新聞を

ポスター発表

ポスター発表でプレゼン力をつける

中学

職場体験やオーストラリア修学旅行で体験し感じたこと、学んだこと、身につけたことなどをポスター形式で発表します。上級生から下級生の質問に答えるなど、お互いのやりとりを通して、相手の思いを感じ、考え、伝えることを学びます。このようなさまざまな場面でのポスター発表の経験が、次への学習意欲をかきたてます。
ポスター発表でプレゼン力をつける

高校

授業の他、研修旅行や文化祭でポスター発表の場をつくり、グループや個人で作成したポスターを使い、自分の考えや意見、グループで話し合ったまとめなどを発表します。また、外部の学会や大会にも参加します。生徒たちは以前にも増して積極的になり、主体的な姿勢が身につくようになります。聴き手とのコミュニケーションを通して、よりレベルの高いポスター発表を目指します。
資料請求