KSPブログ

[光華サイエンスプログラムブログ]

【Global Studies KSP】BER高校生スペシャルセッションに参加し議論しました2018年3月23日 高等学校

 3月21日(金)、放射線生体影響に関する国際ワークショップ「BER2018」の中で行われた「高校生スペシャルセッション」に本校生徒2名が参加し、午前のプログラムでは福島、東京、兵庫、京都の高校生およそ20名で、福島第一原発事故にはじまる放射線の諸問題について議論をしました。大人の口出し一切なしの中進められた議論には、情報共有の大切さ、知識を持つことの重要さを痛感している様子が見られました。
 午後は参加した高校生でドーム型の霧箱づくりに挑戦しました。放射線が通った跡を飛行機雲のような霧が発生する様子で観察することができますが、ドーム内の環境をうまく作るには少し頑張らないといけません。生徒たちは学校学年関係なく協力し、霧がはっきり見られたときには歓声を上げていました。
 午前午後ともに充実した1日となりました。このような交流には今後も積極的に参加する予定です。

資料請求