KSPブログ

環境教育授業を行いました2015年7月17日 高等学校

 7月15日(水)、京都光華女子大学の講義室にて高校1年生が環境教育授業を受けました。キャリア形成学部の高野准教授に授業をしていただき、現在の、そして未来のエネルギー問題について学びました。「原子力発電はこれからどうあるべきか」「発電コストのことを考えるとどのくらいの割合で太陽光発電を利用していくのか」などを、挙げられたメリットとデメリットを考慮に入れつつ、最終的には自分の意見として発表することができました。今問題になっている原発再稼働の是非については、最終的に意見が真っ二つに分かれる結果になりましたが、これも一人ひとりが真剣に授業に取り組み、考えた結果です。  
 生徒たちは、これからも将来を背負う若い女性として、エネルギー問題、ひいては環境問題に取り組んでいきます。

資料請求