光華NOW

【Global Studies】「農学と環境」に関する講義・ワークショップ2019年2月28日 高等学校

2月22日(金)、大阪府立大学大学院から浦出俊和先生にお越しいただき、「農学と環境」に関する講義とワークショップをしていただきました。前半は「農業は文系か?理系か?」という質問の答えを生徒は考えながら、一つの学術分野の中に複合的に人文科学と自然科学の知識や技能が活かされているというお話を聞きました。また、農業と自然環境、私たちの生活がどのように関わっているか、グローバルな視点では農業はどのような役割を果たしているか等のお話をしていただきました。
後半のワークショップでは、グループごとにパソコンを使って今夜の献立を決め、カロリーベース・生産額ベースの両方の食料自給率を求めました。その後、選んだ献立、自給率、その数値になった理由を発表し合う中で、和食中心の食生活を送ると自給率が高くなるということに気づくことができました。献立を考える際は人文科学的思考力を、自給率を算出する際は自然科学的思考力を融合的、複合的に使い分けながら活動をしていました。
最後に大阪府立大学の紹介もしていただき、学校にいながらにして大学での学びに触れ、また大学そのものについて知るいい機会になりました。

資料請求