光華NOW

本山報恩講感話を発表2017年11月28日 高等学校

 11月25日午後、東本願寺報恩講「逮夜(たいや)集会(しゅうえ)」が御影堂において行われ、高校2年5組の多田愛海さんが「感話」を発表しました。これは毎年関係学校の中から選ばれた高校生が行うもので、今年は本校の多田さんが担当することになりました。
 多田さんは陸上の試合での悔しかった思いや、病気などの苦悩に見舞われますが、そのことをきっかけにして見えてきた大切な世界についての想いや、本校の「宗教」の時間で学んだことを語り、これからの道をしっかり歩んでいきたいと、多数の参拝者の前で堂々と話し、法話講師の鶴見晃先生からも「多田さんのお話は親鸞聖人の教えにしっかりつながっています。すばらしい感話でした」という言葉を頂戴しました。

資料請求