光華NOW

「親鸞エッセイコンテスト」入賞報告2017年11月28日 中学校 高等学校

大谷大学主催の「親鸞エッセイコンテスト-生きるってどういうこと?-」の中学生部門において、本校3年2組の堤杏咲さんが「最優秀賞」を、2年1組の松田凜さんが「奨励賞」を受賞しました。また、高校生部門では、1年4組の福原萌海さんが「優秀賞」を、2年5組の藪田陽子さんが「奨励賞」を受賞しました。いずれも、本校の「宗教」の時間で学んだ「いのちのつながり」や、「親子や家族の関係」「困難との出会い」などをきっかけにして、「自己の生き方」を見つめた作品で、関係学校をはじめ全国から寄せられた2,132点の応募作品の中からの入賞という大きな評価をいただきました。

資料請求