中学校

高校プリムラコース1年生 探究学習について2016年5月12日 高等学校

 4月22日(金)プリムラコース1年生対象に、探究学習オリエンテーションを実施しました。生徒は①KSP光華サイエンスプログラムと②Global Studies和・輪・羽プロジェクトから選択し探究学習を進めていくことになります。まず「探究学習とは何か」について説明がありました。自分が興味のあることを、疑問に思った追求したいことをいろいろな方法で行う学習方法、これが探究学習です。今、社会が求めている人材は、創造力、情報活用力、批判的思考力、課題解決力、意思決定力、コミュニケーション力を持っている人材です。何を知っているかではなく、自分が持っている知識で何ができるかを考え、判断し、発信する力が必要です。


①KSP光華サイエンスプログラムについて
理系のコンテストで発表することを目標に、好きなテーマでじっくりと実験・研究をします。仮説を立て、実際に実験をして確かめ、結果から何がわかったか考察し、また仮説を立て直し次のステップへ進むというスパイラルで課題解決を目指します。また、京都大学や長浜バイオ大学と連携し、専門家と対話し、高校レベルでは収まらない科学に触れることができます。昨年度の主な活動は、バイオエタノール生成実験や放射線疫学講座で放射線問題ついて考えました。


②Global Studies和・輪・羽プロジェクトについて
「浴衣と着物はどう違うの?」「和食ってスポーツにもいいの?」「日本の暮らしは環境にやさしい?」など、みんなが暮らしている日本には不思議がたくさんあります。そのような身近なところにある不思議や疑問を探っていく探究学習です。自分の興味のある分野の専門家との対話や講義を受け、フィールドワークを通して自分の足でデータをとり、検証し、課題を解決していきます。また、身近な疑問から始まった研究を世界へとつなげていき、グローバルな視点で課題解決に取り組みます。

資料請求