GPブログ

[グローバル・プロジェクトブログ]

【Global Studies】和輪羽プロジェクト:体験学習で京町家を見学2018年8月27日

8月21日(火)、高1プリムラ特進コースより5名が探究学習Global Studies「和輪羽プロジェクト」の体験学習のひとつとして、京町家に行きました。今回は京町家再生研究会のご協力のもと、説明をして頂きながらの見学となりました。
築約120年の表家(おもてや)づくりで現在も住居として使用されているそのお宅は、「鰻の寝床」と言われる京都独特の奥行きのある造りのおかげで、表の通りの車の音も気にならず、ゆったりと時間が流れていました。「暑さ寒さや音漏れをどのように防いでいるのですか」という質問に対しては、「『防ぐ』というより『しのぐ』という考え方をするのが京町家」というお答えでした。前日に訪れた住宅メーカーの最新のモデルハウスとは対象的で、しかも現代の住まいにも昔ながらの京町家にもそれぞれの魅力があるということを改めて実感したようでした。
町家の中を抜ける風を感じながらお抹茶と夏らしい和菓子を頂くときに、日頃の伝統文化の授業で学んだ作法が役に立ちました。今後もこのような経験を通して、心豊かな女性に成長していってくれることを願っています。

資料請求