中学校の学び

学校生活のすべてが学びの機会。
多彩な活動を通じてイキイキと成長していく。

授業時間だけでなく、京都光華で過ごす学校生活のすべてが学びの機会です。京都光華では、さまざまな自主活動や独自のプログラム、校外での学びの機会を数多く用意しています。深い実感を伴う学びを通じて、人間性や社会性を育み、女性として美しく成長していきます。

自主的に取り組もう

朝の時間の有効活用

毎朝、朝礼の始まる前の10分間を生徒が自主的に勉強する時間として有効活用しています。日によって“Reading Time”“Studying Time”“English Time”を設定し、一日の学びをスタートさせます。

junior1

朝礼・終礼

朝礼や終礼は、生徒が自ら進行します。司会を担当する生徒がその日の連絡や伝達事項を知らせる他、各委員会や係活動からの伝言や振り返りなどを行います。また定期的にすべてを英語で進める“English Day”も実施します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

委員会・学級活動・光華タイム

中学校・高等学校合同で、または中学校独自に委員会・学級活動に取り組んでいます。各種委員会は、生徒自ら企画・運営も担当する他、「光華タイム」などで、活動内容を報告する機会もあります。また各学級では、「Active Group」「Study Group」に分かれ、係活動を行っています。こうしたグループ活動を通じて、自分の考えや意見を伝える経験を積み、協調性やコミュニケーション能力を培います。

Active Group(生活班)
学級をスムーズに運営するため、一人ひとりが係活動を受けもちます。
Study Group(学習班)
司会・進行、記録、報告、タイムキーパーなどの係を生徒が担い、少人数で活発に意見を交換し、考えをまとめて発表します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA       OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ICTを活用し自ら学びとろう

各教科でICTを活用した授業を展開することで、生徒の興味関心を高め、学ぶ意欲を向上させるとともに自ら学びとる力を育成します。現代社会では「生きる力」に資する情報活用能力(収集、判断、処理、編集、創造、表現、発信、伝達できる能力など)が必要です。

英語で語ろう(英語でのやり取り)

文部科学省指定「英語教育強化地域拠点事業」

Think New × Keep Traditions

Koka Englishで世界に発信する女性になろう!

グローバル化に対応した新たな英語教育の実現に向けた実践的な取組を展開します。「即興性に重点をおいた言語活動の工夫」や「英語を使った生徒のやり取り」「高度化した学習到達目標を設定した授業展開」「自分の考えや意見を述べられる教材の工夫」等々発信型タスクを多く取り入れた授業を行っています。一例では、インタビュー活動の中で「自分のお気に入りの人物について語ろう」ということで、ペアでお互いに人物を紹介し合い、質問をしたり、相手の話に相づちをうったり楽しく紹介し合うなどです。コミュニケーションへの関心も高まり英語での発信力に大きな向上が見られています。

junior5        junior6

体験を通じて学ぼう

特色ある教科活動

教科書を使って授業を受けるだけでなく、体験を通じて学ぶことも大切にしています。自分で見て、考えて、行動することで、実感を伴った深い理解を得ることができます。

取り組み例

  • 理科:原子力発電所見学
  • 国語:新聞スピーチ
  • 家庭:保育所での保育体験
  • 英語:英語によるスピーチ、プレゼンテーション、 意見交換、中高英語授業交流
  • 伝統文化:墨づくり、能楽教室、茶室体験、会席料理のだしづくり
OLYMPUS DIGITAL CAMERA        junior8

小中高を超えて学び合おう

小学校・中学校・高等学校
連携の取り組み

小学校から始まる一貫教育の特長を活かし、小学校や中学校と連携した学びにも取り組んでいます。校種を超えて学び合う中で、他者への理解や思いやりの心が育まれます。

取り組み例

  • 中学生による小学生へのブックトーク
  • 小学5、6年生との体験授業
  • 小中英語交流
  • 中高英語交流
OLYMPUS DIGITAL CAMERA        Exif_JPEG_PICTURE

 

資料請求