クラブ情報

【箏曲部(高校)】第35回京都府高等学校総合文化祭に出演しました2018年11月5日 高等学校

11月3日(土)、京都市東部文化会館で行われた「第5回京都府高校生伝統文化フェスティバル(第35回京都府高等学校総合文化祭日本音楽部門)」に出演し、水野利彦作曲「子供のためのラプソディ」より第1楽章・第4楽章を演奏しました。
この曲は、自由な子供の心象風景をジャズやポップスの要素をふんだんに盛り込んで表現された楽しい曲ですが、大変な難曲でもあります。今回は1・2年生計6名の少人数での参加だったため、奏者ひとりひとりにかかるプレッシャーは大変なものでした。
しかし、本番の演奏が始まると同時に澄んだ美しい音色が会場いっぱいに広がり、箏の魅力を存分に発揮する堂々とした演奏で、持っている力を全て出し切ることができました。
その結果、来年の夏に佐賀県で開催される「第43回全国高等学校総合文化祭2019さが総文」に京都府代表として出場することが決定しました。審査結果を聞いて、全員で涙を流して喜びを分かち合いました。今回の京総文では当番校でもあったため、閉会式では代表生徒が来場者の方々の前で堂々と閉会の挨拶をして、全総文への決意を新たにしました。
応援に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。この結果に甘んじることなく、これからも努力を続けていきます。今後とも応援よろしくお願いいたします。

資料請求