クラブ情報

【バレーボール部】インドネシアのクラブとの交流試合2016年7月19日 高等学校

 7月16日(土)インドネシアのクラブチーム「West Java Volleyball Club」との交流試合を実施しました。この交流試合は、京都光華女子大学の内田和寿准教授が「バレーボールの国際的な指導普及活動」の一環として毎年実施されているものです。昨年は、香港のクラブチームと交流試合をしました。
 両チーム揃って記念撮影をしてゲームをしました。インドネシアの選手は、とても背が高く、180cmほどの選手がほとんどでした。ゲームでは、サーブで攻めてレシーブからの速攻で得点を重ねていきましたが、相手のブロック、速攻、セッターのツー攻撃に苦しめられました。守備を基本にしているチームと攻撃を基本にしているチームの特徴が現れていたゲームだったと思います。「West Java Volleyball Club」の監督の話では、インドネシアではスパイクを打てば決まっていたが、強打を拾われて二段トスを上げてスパイクで打ち返してくるのは初めてだ、と驚いておられたそうです。
 試合後は、お互いに記念品の交換などをして選手、監督・コーチ同士も交流を深めることができました。

資料請求